Message

bg
symbol

住まいづくりで
知ってほしいこと

初めの一歩を間違えないこと。その一歩とは「自分たち(家族)に住まいづくりへの情熱がどれだけあるのか」を考え知ることです。例えば「他での贅沢を我慢してでも住まいづくりを充実させたい」のか、または「趣味などを充実させる延長で住まいづくりを考えている」のかなど、人によって様々でどれが正解というのはありません。だからこそまず、『自分たち(家族)が一番幸せに感じられる瞬間はどこなのか?』を見つけ出し、次にそこから『間取り(導線)・スタイル(生活)・こだわり(デザイン)・予算(資金)のあり方暮らし方を導き設計する』からこそ、“自分らしい住まいづくり”が実現いくのだと考えます。

その“自分らしい”を 実現するための 大事なポイントは2つです

point 01 予算にもとづくこと

自分たち(家族)にとって無理のない予算を把握するためには、住まいづくりにかかる全ての費用の中で、どこにどれだけの予算をかけたい?かけれる?か、その必要はある?ない?など、自問自答を繰り返す時間がとても大事です。その積み重ねの中で、自分たちの大事な一番が何かを理解し、大事なその一番を、無理のない予算の中で実現していくことが、自分らしい住まいづくりとなるのです。

予算にもとづくこと

住まいは

“材料は原価で経費はオープンに”が私たちの住まいづくりの基本です。
今の時代、100円のものが1000円で売られている中で、物の値段はあってないようなもの。欲しいものが手に入ったはいいが、損したような、騙されたような、不信感を抱くこともしばしば。そんなことは、生涯の中で1番大きな買い物である住まいにおいて、あってはならない。
私たちは「何にいくらかかり、誰にいくら支払っているのか」をお客様にきちんと知っていただき、それが正当な値段であると納得した上で進めていくことが、後悔のない住まいづくりにつながると考えています。


住まいづくり

自分たちのやりたい事や欲しいものを全て叶え、手に入れようとすれば、必ず予算からオーバーしてしまいます。もしなんとか工面できたとしても、もうそこですでに無理が生じてしまう。きっと多くのお客様が何千万というお金を、何十年ローンを組み、月々返済していく事になる中で、いずれ想定外の返済に苦しめられ、幸せを感じる瞬間が減っていってしまうことでしょう。それではもともこもありません。住まいとは、お客様が幸せになる為のツールであり空間であって欲しいと思います。その為には、今の自分たちにとって、無理のない後悔のない住まいづくりを一番に考えて欲しいと心から思っています。

point 02 我慢しないこと

全てが思い通りになることがなによりであり、私たちもそうであって欲しいと思いますが、無理のない予算=限られた予算の中で、時には我慢しないといけないことは必ず出て来ます。ですが、その我慢の大きさを小さくすることは可能です。例えば、「気に入ったキッチンが予算オーバーなので我慢しよう」ではなく「展示品で少し傷があるがそれをリメイクすれば予算内に収まり気に入ったものと同じにできる」こともある。我慢をし諦めるのではなく、指向を変え工夫すれば実現することはたくさんあるのです。まずは我慢せず言葉にして私たちに教えてください。

予算にもとづくこと


見せどころ

建築士の一番腕の見せ所と言えば、発想力やデザイン性が代表的だと思いますが、私たちが考える一番は、「お客様にどれだけ寄り添い、想いやることができるかどうか」です。お客様にとって何が一番なのか?どうすれば限られた予算の中で我慢せずに済むのか?と日々試行錯誤を繰り返すことが、お客様をより良い住まいづくりへ導き、建ててよかったと喜んで頂けることに必ず繋がると考えています、それが私たちの腕の見せ所であり、私たちの喜びでもあります。


かけない

お金をかけない工夫は大きく3つ。

  • 無駄をなくす

    自分たち(家族)にとって「これは本当に必要か?」を判断し選別していくことで必ず無駄な費用はカットできます。

  • 自分で出来る
    ことはする

    自分みずからすることにより時間と労力はかかりますが、プロに頼むことで発生する対価分をコストダウンできます。

  • 固定概念を
    なくす

    決めつけを取り除き柔軟に考えることで、思わぬ機会や良品が得られコストパフォーマンスの向上につながることもあります。

このような工夫が可能なのは、私たちが「材料は原価で、経費はオープンに」し
ているからです。

住まいづくりには、決まった形や正解はありません。
だからみんな、どうすれば良いかわからないことだらけになり、
結局たくさん諦めてしまう。
それでは自分らしさを一番に考える住まいづくりは実現できません。

諦めそうになった時、どうか私たちを信じて頼ってください。
「自分たち(家族)にとって何が一番大事か」を見つけ出し、
「どうすれば無理せず我慢せずに済むか」を考え工夫し、
Only Oneの住まいづくりを、私たちが一緒に実現していきます。

わたしたちと施主さまの
アイデアとこだわりの詰まった
設計事例をご覧ください。

Works

symbol
すべての設計事例を見る